2020年3月26日木曜日

ねぎあげます

 最近、家の庭で野菜を育て始めました。
 いくつかの苗と、サラダリーフ5種類混合のタネを植えたのですが、種を蒔いて一週間、サラダリーフの芽が出始めました。
 芽が出たのはいいのですが、このままでよいのか、ある程度間引いた方が良いのか分からず、インターネット等で調べながら毎日四苦八苦しています。
 そして、四苦八苦しながら農業の大変さを痛感します。
 毎日欠かさずお水を上げないと見た目にも苗に元気がなくなってしまうし、屋内の観葉植物等とは比べ物にならないくらいたっぷりのお水をあげる必要があります。
 農家の方は、毎日毎日、水や肥料をやったり、雑草を抜いたり、時期をずらしながら、種まきや、収穫、適宜間引きや植え替え等をしながら、広い畑で野菜を育てていると思うと、スーパーに並ぶ野菜のありがたみが増しマシです。
 普段ズボラな私ではすぐに枯らしてしまうのではなどと心配していたら、ついには水やりの夢まで見てしまいました。
 家の野菜もこのまま無事食べられるまでに育てばよいのですが、、、

2020年3月12日木曜日

総会

新型コロナウイルスの流行で、色々なイベントや研修会が中止になり、そして定時総会等も延期を余儀なくされています。

しかし総会については年度末日から3ヶ月以内という期限を定めている団体がほとんどで、延期にはしたものの、このまま自粛が続くと期限を過ぎてしまう、、、ということで、事業年度が12月末までで、定時総会をきちんと開催している団体は悩ましいところなのかもしれません。

と、私が悩んでいたところ、法務省から見解が出ていると教えていただきました。

確定申告の期限も1ヶ月延長されていますし、学校も臨時休校になり、感染者がでた事業所は営業停止をしていたりと、影響の大きさに驚いています。

数週間前まではインフルエンザよりも症状は軽いと言われているのだから、と軽く考えていましたが、まさかこんなことになるとは、、、

重症になる方が出ずに、早く収束することを祈るばかりです。

2020年3月6日金曜日

家族

先日、母から突然、「小さい時、寂しかったりしたことはないか」と尋ねられた。
あまりに突然だったので、どうしてそんなことを聞くのかと問い返してみると意外な答えが返ってきた。

最近、私の妹が職場の研修等で教育について学ぶ機会があり、それ以降どのようにして今の彼女が形成されたのか考えるようになったという。
そうして、彼女自身が幼少期にずっと「寂しさ」を感じていたことを思い返し、それが今の自身の人格形成に大きく影響しているのではないかという考えに至った、という話を、母が妹から聞いたのだという。
確かに、私の家庭は当時まだそれほど多くない完全な共働きの家庭で、私と妹は祖父母に面倒を見てもらいながら成長した。特に妹は祖父母にべったりという感じだったように思う。
私は、私よりも祖父母に可愛がられている妹を少し羨ましく思っていたほどだったが、両親との関係でいえば、確かに私よりも妹の方が父や母に関わることは少なかったかもしれない。
まさか、それを妹が寂しいと感じていたとは、考えもしないことだった。

母は、私に対し、同じように寂しい思いをさせていたなら申し訳なく思うと謝ったが、私から見れば、当時、父よりも忙しく仕事をしていて家を空けることも多く、家庭の中で最も孤独に見えたのは母だった。実際のところ、母自身はそうでもなかったようだが。
それを聞いた母は「こんなにみんな思っていることが違うとは思わなかった」と興味深げにしていたが、私もこのことがなければ、彼女らの思いを知ることは一生なかっただろう。

同じ家に住んでいても、血がつながっていても、みんな考えることはばらばらで、分かったつもりになっていても、話してみないと分からないことはたくさんある。
そういうものの積み重ねがいつか、離婚や相続争いなどの紛争の火種になるのかもしれない。
言葉にして思いを伝えることの重要性を改めて感じた出来事だった。

2020年2月27日木曜日

流行

こんにちは。
新型コロナウイルスの流行で、色々な行事が中止になったり、東京オリンピック開催への影響がささやかれ始めたりと、先日までは「外国のこと」だった新型コロナウイルスの影響が、じわじわと私たちの身近に迫ってきているようです。

多くの人が長い時間と労力を費やし準備してきた行事が、思いがけないウイルスの流行の影響で、中止という苦渋の決断をせざるを得なくなっているのを見ていると、本当に心苦しく感じます。
この流行が大きな問題になることなく早く収束することを祈るばかりです。

昨年までは、この時期の介護施設等の面会制限と言えばインフルエンザの流行が理由でしたが、今年は、「新型コロナウイルス流行のため」という表示が多くの施設でされていることに、慣れない感じを覚えます。
新型コロナウイルスの影響が大きくなる一方、インフルエンザの流行は、他の国の状況はともかくとして、日本では例年に比べ早めに始まって既に落ち着き始めているような印象を受けます。

今の状況を見ている、来年はどうなるか本当に分からないなと思います。
こんなことを言うと鬼に笑われてしまいそうですが笑。
さて、今年も残りほぼ10ヶ月、だんだん暖かくなってきましたが、健康第一でいきましょう。

2020年2月21日金曜日

お久しぶりです

お久しぶりの更新となり申し訳ありません。
ブログの更新が滞っている間にも、調停センターふらっとは、司法書士の簡裁代理関係業務の範囲を超える相続や離婚等の家事事件や、140万円を超える民事紛争の取り扱いができるよう、認証変更に向けて着々と準備を進めて参りました。

このまま特に問題なければ今年から、相続や離婚についての事件も扱えるようになります。
ここまで長い時間がかかってしまいましたが、ようやくここまで、あと少しというところまで来られたことを非常に嬉しく感じます。

認証変更を待つ間にも、
「まだふらっとで離婚や相続は扱えないの?もし使えるならお願いしたかった相談があったのに。」
「知人との間で揉め事があるが、自分が何か金銭的な請求したいわけでも、相手から請求を受けているわけでもないし、話し合いをして和解がしたいだけなのに。」
などといった話は何度もあり、もう少し早く認証変更が出来れば、紛争解決の手助けができたかもしれないのに、と口惜しい思いをしてきました。

これからは、ふらっとのメディエーションでより多くの人の紛争解決のお手伝いが出来るようになりますし、今年夏ごろには認証変更記念も兼ねて大きなイベントも開催予定です。
これからも調停センターふらっとが、利用者にとってより身近で利用しやすいものになるよう、私自身もメディエーションに関するトレーニングや勉強に、より一層力を入れていかなければなりませんね。

2019年11月5日火曜日

縁は異なもの

こんにちは。
皆さんは三連休、どのように過ごされましたか?
私は特に予定もなく、たまった事務仕事を片付けようかと考えていたのですが、急遽、母親から、私の妹が私の夢を見たので帰ってきて欲しいと言っている、という知らせを受けて帰省したのでした。
以前、父親から、私が死ぬ夢を私の母親が見て心配をしているので連絡してやって欲しい、という電話をもらったことがあるので、母娘だな~、などと考えながら実家に帰ったのですが、妹に夢の内容を聞いてみると、「こわいゆめをみた」、「さびしいゆめだった」などと言って、なかなか内容を教えてくれません。
よくよく話を聞いてみると、どうやら、私が結婚をすることになり、それを聞いた妹が私の結婚相手を刺しに行く、という夢だったそうです。
とってもかわいい妹ですね。
さて、そんな話はさておき、結局三連休は何をしていたかというと、家族でお寺に行ってきました。
日帰りで、愛知の実家から、岐阜の華厳寺、そこから、長野の善光寺へ行って帰ってくるという強行日程でしたが、思いのほか楽しい旅でした。
私の中で、神社仏閣というとなんとなく静かに参拝して終わりというイメージでしたが、戒壇巡りなどの体験型のアクティビティ?のようなものもあって、少し罰当たりな気もしますがお寺のイメージががらりと変わりました。
父親が、娘二人の良縁を祈願していたことだけが少し気がかりですが、とにもかくにも、皆さんもぜひ、お時間のある時に戒壇巡り、試してみてはいかがでしょうか。

2019年11月2日土曜日

世代を超えて

午前十時の映画祭というイベント上映をご存じでしょうか?
評論家が選んだいわゆる名作と呼ばれる映画をリバイバル上映するのですが、私が生まれる前に上映された映画、タイトルは知っているけれど観たことのない映画を映画館で体験できるので、興味のあるタイトルはなるべく観に行くようにしています。
今年度が映画祭最後の一年なのですが、「ジョーズ」、「風と共に去りぬ」、「日本のいちばん長い日」、「砂の器」「時計仕掛けのオレンジ」「スティング」を観ました。
旧い映画だけあって、技術的なところだけで現代の映画と比較してしまうと見劣りするところもありますが、手間もお金も知恵もたっぷりと注がれているのが映画に詳しくない私でもまざまざと伝わってきて、名作として語り継がれるだけのことはあると納得させられてしまいます。
イベントは来年3月まで続くので、後の世にも語り継がれる名作をぜひご覧になってください。きっと元気になれますよ。