2017年3月27日月曜日

お奉行さまの名裁き


 このブログが始まって8年になりますかね。よく続いています。代々引き継いできたブログ管理者の皆さん、お疲れ様です。

 私も年を重ね、いつ潮時かと考える今日この頃、ネタも少なくなり、書籍の引用になってしまいました。ゴメンナサイ。
 


 
今日は、お奉行さまご多忙でお調べがありません

~遺産分配で争っていた兄弟~

 

江戸時代。親を亡くした兄弟が、遺産分配の争いで奉行所に訴えた。

二人に呼び出しがかかったのは、厳冬の早朝だった。

一間に入れられているが、お互い物も言わなければ見向きもしない。火の気のない部屋の寒さは身を切るようだ。

ところがどうしたことか、夜になってもなんの沙汰もない。

 

兄「寒いのう。どうしたんだ」

弟「本当になあ。いつまで待たしやがるのか。馬鹿にするにもほどがある」

どちらからともなく話しかける。

兄「こんなはずではなかった。呼び出しがあるまで話そうや」

弟「うん」

 ………

兄「どうもオレが少し強引だった」

弟「そうでもないよ。弟の分際で欲深いことを言ったからなあ」と反省の弁がでる。

兄「いや、できるだけやるまいと、欲張ったオレが悪かったのだ」

弟「兄さんは親の面倒も看てくれたのだから、多く取るのは当然だ。少しでも貰えたら喜ばねばならんオレなのに、妻が差し出口をしたばっかりに、オレもその気になって、こんなケンカになっちゃって」

兄「いやオレの方も“やることはいらん”と、妻がいらぬ口をたたくもんだから……。親が生きていたら、どんなに悲しむだろうなあ」

弟「本当にいままで仲良く暮らしていたのに、どうしてこんなことになったのか。申し訳ない。オレは何もいらないよ」

兄「いや、親心を思えばおまえに半分やるのが当たり前だ。こんなことで争うのは、もうよそう」

弟「オレも賛成だ。そうしよう」

 

話がまとまったとき廊下に足音がして、使いの者がこう伝えた。

「今日はお奉行さまご多忙で、お調べがありません。後日呼び出しのあるまでお待ちください」

陰から、和解を奉行は待っていたのだ。

 

「光に向かって123のこころのタネ」(1万年堂出版)より
 

「時のチカラ」というか、「場のチカラ」というか、「対話のチカラ」というか。お奉行さまといえば大岡越前か遠山の金さんくらいしか思いつきませんが、江戸時代に現代にも通じるこのような裁き(調停)があったとは……。
 
いけがやみちお

 
 
 

2017年3月23日木曜日

伝達手段

数日前、実家にFAXを送ろうとしたところ、「あんなものは必要ないからやめた。PDFで送れ」と父に言われ驚きました。私が仕事を始めた頃はポケベル全盛期、書類もワープロで作成していて、今はパソコンもスマホも必要に迫られてようやく使っている状態なので、「FAXで送って」と言われればむしろ楽!と思って嬉しいくらいですが、FAXを多用していたはずの父からバッサリ切られるとは。

顧客とのやりとりでも「連絡はメールで」と言われてしまうと、とにかくそうするしかないのでメールでやりとりしますが、メールもいろいろと気を遣います。

そして仕事上避けて通れないのが知らない人への電話。一度でもお会いしていればさほど抵抗はないのですが、会ったこともない人へ、必要な書類を用意してください、とかややこしい話をするために自分から電話をするのはなかなか抵抗があります。電話ではなく、知らない人と待ち合わせをするなら抵抗はないのですが。

時代とともに意思や情報の伝達手段はどんどん変わってゆくし、好むと好まざるとにかかわらず対応してゆく必要もあると思いますが、一方で人と直接会う時間も大切にしたいと思います。

井口

2017年3月17日金曜日

いつかきっとどこかで・・・

先日、小学校の時に通っていたスポーツ少年団(剣道)の監督が亡くなりました。少し怖かったけれど、剣道の先生としても、人間としても本当に尊敬出来る人でした。葬儀に参列し、ある方が、弔辞の中で、剣道の練習前に必ずみんなで唱和していた「決まり事」を紹介されたのを聞いた時、思わずハッとしてしまいました。

みんなで唱和する「決まり事」は、「生活の誓い(生活をする上で守るべきこと)」と「練習の心掛け(練習をする上で守るべきこと)」の2つで構成されていて、みんなに挨拶をしましょう、人に感謝することを忘れないようにしましょう、練習では常に工夫と研究をしましょう・・・など。今、改めて聞くと当たり前だと思える内容ばかりです。でも「生活」を「日常」に置き換え、「練習」を「仕事」に置き換えて振り返ると、今の自分は全然しっかり出来ていないんだと思い、反省しました。
おそらく、その当時は、「言わないといけないから」くらいの気持ちで深く考えることもなく言っていたと思います。何だか最後の最後に、監督から「お前もっとしっかりやれよ」と叱られたような気がしました。

ただ、暗記するくらい言っていたおかげで、すぐに「決まり事」の全てを思い出すことができ、自分に落とすことが出来たのは救いであり、改めて小学校2年生から6年生までの5年間、練習の前に常に言い続けてきたことは少しは役に立ったのかなと思いました。

仕事のこと、仕事以外のこと、今やっていることはすぐには役に立たないかも知れない、今やっていることの意味が今は分からないかも知れないけれど、もしかしたら5年後、10年後に役に立ったり、改めて学びや気付きがあるかも知れません。今やっていることの意味が分からないからとか、意味がないと思うから「やらない」のではなく、これから先で何か意味があるものになるかも知れないから、今一生懸命やるのもいいんじゃない?と思いました。

いつかきっとどこかで「あ~、あの時やってたことが役に立ったよね」。そう言える日が来ることを信じて。

佐藤圭

2017年3月9日木曜日

もういや~ええねん~前へ一歩  ね!!

 
訪問先への車の中で、ラジオから流れてきたこの曲♪
 ♪ ♪ 情けなくてもええねん  叫んでみればええねん
苦い涙もええねん ポロリこぼれてええねん
それでええねん それでええねん ♪ 
それだけて  ええねん・・・
            (歌詞を抜粋しています)
2003年にリリースされたこの曲、懐かしい・・でも、今の私にググッと来るぜ!
    というのも、
多くの出来事が押し寄せてきて、まとまりがつかなくなり、途方に暮れ、呆然とし、後悔するような言葉を人に投げつけ、反省し、落ち込み、キャパの小さい自分が情けなく思え、・・もう、いやや・・自己否定のメタメタな状態であり。

   そんな私をみていた友人がすすめてくれた本があります。
「あたらしい自分を生きるために」森田汐生 著
アサーティブネスという考え方は、コミュニケーションの方法であり、相手も大切にしつつ、自分も大切にして生きていくための一つの生き方であると紹介している読みやすく書かれた本です。


誰に対しても、自分の気持ちを素直に言葉にし伝えていく。精一杯のその先に それだけでええねんの世界が広がり、前へ進めるのね。

庭の杏の花が咲き誇っています。さあ、一歩!! 
                                御 室





2017年3月2日木曜日

かんちがい

平日は仕事を終えて帰宅すると
風呂、飯、寝る!のコンボなので
夜はこどもとゆっくり会話する機会がありません

そんな私と娘とのおしゃべりタイムは
保育園への片道30分のドライブで補われているのです

保育園で○○の絵を描いた
○○へお散歩に行った
こんな歌を教わった
おやつの○○を全部食べたetc・・・

ところがそういった報告だけでなく
おしゃべりタイムはおねだりタイムでもありまして
あそこに行きたい
あれが欲しいといったおねだりが始まるのですが
時々とんでもないことを言い始めるのです

おとおさ~ん
こんどねえ
おすしやさんで
カキフライと
おだんごと
ラーメンたべたいなあ

娘よ
は●寿司にしか連れて行かない父ちゃんにも責任があるが
寿司屋はそういうところではないぞ・・・

                   運営委員 竹下康智


2017年2月18日土曜日

決着をつけること

私たち司法書士の仕事は、相談を聴くことから始まります。
法律的に請求できても回収の見込みが低い場合、そもそも法律的に
請求することが難しい場合、相談者の納得を得ることはとても大変です。
当事者が自分の気持ちに決着をつけらるように私たちはできる限り寄り添
います。ただ近づきすぎるとこちらも疲弊します。何事もバランスが大切
です。
来月発刊される司法書士会の会報誌HO2に、コミュニケーションに関す
る座談会が収録されています。何かのヒントになれば嬉しいです。
                        
                         事務長 佐藤麻妃

2017年2月16日木曜日

「法テラスカード」を作りました。


法律扶助ってご存知ですか?

法律扶助とは、収入が少なく生活に余裕がない方でも、司法書士、弁護士に依頼して法的サービスを受けられるよう司法書士、弁護士への依頼費用(実費も一部も含みます。)を立て替えてくれる制度です。しかも依頼費用の立替金は、長期の分割で返済できます。

法律扶助は、法テラス(日本司法支援センター)が運営している制度で、様々な法的問題を解決するために利用できます。たとえば、自己破産申立、債務整理のほか、離婚調停、養育費の請求、遺産分割調停、相続放棄、交通事故等による損害賠償請求、貸金返還請求など法的トラブルを解決するために司法書士、弁護士に依頼する費用であれば、法律扶助の対象となります(紛争金額が140万円を超える事件、家庭裁判所で扱う事件等については、司法書士は裁判所に提出する書面作成での受託となります。また、相続等の登記の依頼費用は法律扶助の対象になりません。)。

ただし、利用するためには、収入・資産が一定額以下であること等の要件がありますので、詳細については、司法書士にご相談いただくときにお尋ねいただくか、または、日本司法支援センターのホームページ等で確認してください。

大変有益な制度なので、多く方に自らが抱える法的問題を司法書士に依頼する際に是非とも利用していただきたいのですが、生活困窮者等の本当にこの制度を必要とする方に十分に情報が行き届いていないのではないかと思い、静岡県司法書士会では、この度、法テラスの利用を促す「法テラスカード」というものを作成しました。

「法テラスカード」は、司法書士に相談・依頼をする際に提示していただければ、司法書士が収入要件等を確認して、法テラス(法律扶助)の利用が可能か検討します。市役所の福祉課や社会福祉協議会の窓口等で配布していただけるようこれから関係機関にお願いする予定ですので、是非、受け取ってご自身の法的トラブルの解決に利用してください。

私は法テラスカードを持っていないという方でも、司法書士に依頼する際に「法テラスの利用を検討してください」と言ってくだされば、司法書士において検討しますので安心してご相談してください。

ちなみに、ふらっとの申込費用等については、法律扶助の対象ではありませんが、ふらっとでは、収入が一定額以下の場合には、ふらっとの申込費用等の負担を免除する規定がありますので、詳しくは静岡県司法書士会事務局までお問い合わせください。



運営委員 井上史人