2016年8月24日水曜日

増田家に柴犬がやってきた

【司法書士あるある】知らない土地を徒歩や車で移動していると、「司法書士」と記載のある看板に目が止まる。
 
 みなさん、こんにちは。
 本日は8月24日(水)。わが家の子どもたちは、明日から二学期が始まります。
 夏休み前半から、口酸っぱく「宿題は早めに終わらせるんだよ」と言ってきましたが、やはり最後の3日間に大慌て。
 特に長女は、読書感想文・自由研究・図画工作の「夏休み三大課題」を最終日ギリギリで仕上げました・・・
 
 さて、タイトルのとおり、わが家に柴犬がやってきました。
 きっかけは、次男の誕生日。
 他の子と違い、次男は昨年まで誕生日プレゼントを欲しがることがありませんでした。そして、今年も特にないだろうと思って次男に聞いてみると、返ってきた答えは、「犬が欲しい!」。
 次男が最後まで責任を持って世話することを約束して、犬を飼うことになりました。
 
 そんなこんなで、わが家にやってきたのは、生後2か月の黒柴。
 ブリーダーのところで5匹産まれたうちの最後に残った1匹ということで、他の子犬と比べて元気がなく、弱々しく、小さい感じがしましたが、次男の強い希望により、わが家へ迎え入れることになりました。

 名前は「リク」。
 


 それから2か月が経ち、リクは一回り大きくなりました。食は相変わらず細く、頼りない体形ですが、元気いっぱいに子ども達にじゃれついてきます。次男は毎日、朝と夕方の食事を用意し、排せつ物の処理も欠かしていません。リクはすっかり、増田家の一員になりました。

本題

 犬を飼うと決めてから、ホームセンターやデパートに行くとペット用品売り場が直ぐに目に止まるようになりました。自宅から一番近いホームセンターはペット用品がとても充実しており、広い売り場面積を占めていましたが、犬を飼うまではそのことに全く気付きませんでした。

 やはりヒトは、目に入る膨大な量の画像情報の中から、自分に関係のある、もしくは関心のある情報を知らぬ間に取捨選択しているんですね。
 
 これって、すれ違う女性の姿に目がいってしまうのも同じ・・?

                                                                                                      増田真也

2016年8月18日木曜日

「話を聴いてくれてありがとうございます」

準備段階も含め調停センターに携わるようになって10年は過ぎただろうか、最近ふと気づいたことがあった。
日々の業務の中で、以前より話を聞くことに対して感謝の言葉をいただくことが多くなったような気がするのだ。

以前と何が変わったのか。

いわゆる「聴く」ことは意識している。
では、「聴く」とは何なのか。

先日、私に「聴く」ことの基本中の基本を教えてくださった方のお話を久しぶりに拝聴することができた。

話をしている人の「鏡」になる。

私はハッとした。そして、反省をした。
いろいろなスキルを使って「聴く」ことは意識していたが、いつしか「聴いてあげている」になっていなかったかと。

そうした中、事務所に相談の電話が入った。
話の内容としては、相談者が相手方の行為を否定しつつも自分自身を否定する部分があった。私は、相談の内容を整理しつつ、相談者の様子を言語化した。
否定的な話は、ほっておいても否定的な話として整理され、解決策が提示される。
一方で、相談者は孤独である。自己肯定感が充たされない状態に陥っている。
だからこそ、相談者自身ががんばってきたこと、がんばっていること、大切にしていることを敢えて言語化する。相談者に自己肯定感(居場所)が戻ることを祈りつつ。
相談者の言葉の端々からもれる微かな「光」をしっかりと映しだすことを私は意識した。

「鏡」はすべてを映しだす。悪いことも「良いこと」も。

今回の相談者からもいただけた言葉を今後も大切にしていきたい。
「話を聴いてくれてありがとうございます」

運営委員 名波直紀



2016年8月11日木曜日

久しぶりの調停でした。

先日、久しぶりに調停人を務めました。
記録を調べてみると、何と6年ぶり・・・
 
改めて“ふらっと”で出版した本や規程類を読み返し、ご利用いただく当事者の皆さんに実質面でも手続面でも
落ちがないようにと努めましたが。。。
何度やっても胸を張って「いい出来だった」とはいかないものです。
 
しかし、何事も経験。
新しく“ふらっと”の運営に携わるようになった司法書士の皆さん、早く経験してみましょう!!
 
 
(中里)
 
 

2016年8月4日木曜日

高校生1日司法書士~ウィンウィン君の旅立ちの日


8月3日は司法書士の日。
マニアック!

静岡県青年司法書士協議会主催で
高校生たちが1日司法書士としてお仕事体験(?)を
しました。
今年は18名の生徒さんたちが参加してくれました。

午前中はワークショップを開催し
司法書士がどのような職業なのか、
法律を身近に感じてもらう体験をし、
午後には司法書士事務所訪問、
法務局、裁判所にも訪問したようです。

司法書士事務所訪問では、今年は私の事務所に来ていただきました。

司法書士の日々のお仕事から
書籍の紹介、執務室の案内
スタッフの役割、法人であることのメリット
事務所が2か所あることのメリットなどなど
短い時間でしたが、なるべく高校生の皆さんにとって
有益なものを持ち帰ってもらえるように
お話させていただきました。

あんど

調停センター”ふらっと”と浜松江乃島高校のピアサポート
も紹介させていただきました!

高校生たちは帰りにお土産として、ウィンウィン君
を持ち帰った模様。
ウィンウィン君が県内全域に増殖して、
もっと”ふらっと”がメジャーになればいいなぁ~♡

副センター長 芝 知美

2016年7月31日日曜日

新人の方について思うこと


会務を担当している関係上、毎年11月の合格者顔合せ会から翌年の登録審査会、登録証交付式まで新人の方と顔を合わせ、話しをする機会があります。

最近は法務局出身の方、事務所で補助者をされていた方以外に、多種多様な職業を経験されてきた方が入ってきます。また、年齢的にも40代、50代の方が比較的多いことも目につきます。

一昔前は、1つの会社・職業を貫き、定年・引退を迎えるのが良しとし、また、比較・競争社会といわれ、狭い土俵(会社)の中で勝ち残った者が評価される時代もありました。

今は違います。様々な職業を経験して、この業界に入り、これまでの経験や能力が生かされれば、それが強みとなり、大きな評価を受けることになります。
 ふらっとも毎年毎年、新人の方が入ってきていると思います。これまでの経験や能力に、調停のいろいろなスキルを身に付ければ、調停人として、また調停の場でなくても質の高い相談員として存在感を見せつけられるのではないでしょうか。そのためには「継続」ですね。


いけがや みちお

2016年7月19日火曜日

多重性


私が所属する、とある委員会で4つの事業が同時に進行しています。
それぞれチームを組んでいますが、メンバーが重複している部分もあります。
そして毎日MLに熱心な投稿があります。
基本的には、①計画 ②承認 ③広報 ④作り込み という流れですが、4つの事業の開催時期が1ヶ月くらいずつずれていて、それぞれ①から④の手順を踏む必要があり、そして作り込み作業が(1)原案(2)お試し(3)検討(4)修正案(5)再トライ(6)再検討(7)再修正…というように進んだりするので、本当に大変です。
業務でも、複数の案件をほぼ同時に進めてゆかなければならなくなるときがあります。この場合、「今、これとこれがあるので、あなたのは後で」とは言えません。
依頼者にとって自分以外のことは関係のないことですから。
一度に複数のことが重なってしまっても、優先順位をつけてあざやかに対処できる技量を身に着けたいものですが、それができないうちは、やはりコミュニケーションを大切にして、信頼関係を構築しながら進めてゆくことが大事なことかな、と思っています。

井口

2016年7月12日火曜日

考え方1つで・・・

最近、人に自分の考えを伝える機会が増えてきました。
しかし、自分の話す技術不足もあってなかなかうまく伝わっていかない。何回かそんなことがあって、なかなか前向きになれなくなってきていました。

そんな時、ある先輩の一言、「それでいいんじゃないの。それが今の実力なんだから。伝わらないってことは、神様が君に、どうやったら自分の考えが伝わるような方法があるのかもっと真剣に考えるチャンスを与えてくれたってことだよ。これはステップアップするチャンスなんじゃない?」と。

ハッとしました。伝わらないことはダメなことだけど、それだけを捉えて後ろ向きになってしまっていた自分が恥ずかしく思えました。確かにこれをチャンスだと捉えれば、どうやったら伝わるのかをもっと真剣に考えることができます。考え方1つなのかも知れないけれど、その後の世界は全然違う。

これからは、何事も前向きに考えられるように頑張らないといけないな~と思いました。

佐藤圭