2019年11月2日土曜日

世代を超えて

午前十時の映画祭というイベント上映をご存じでしょうか?
評論家が選んだいわゆる名作と呼ばれる映画をリバイバル上映するのですが、私が生まれる前に上映された映画、タイトルは知っているけれど観たことのない映画を映画館で体験できるので、興味のあるタイトルはなるべく観に行くようにしています。
今年度が映画祭最後の一年なのですが、「ジョーズ」、「風と共に去りぬ」、「日本のいちばん長い日」、「砂の器」「時計仕掛けのオレンジ」「スティング」を観ました。
旧い映画だけあって、技術的なところだけで現代の映画と比較してしまうと見劣りするところもありますが、手間もお金も知恵もたっぷりと注がれているのが映画に詳しくない私でもまざまざと伝わってきて、名作として語り継がれるだけのことはあると納得させられてしまいます。
イベントは来年3月まで続くので、後の世にも語り継がれる名作をぜひご覧になってください。きっと元気になれますよ。

1 件のコメント: